2023年 IFSC クライミングワールドカップ 大会別結果一覧 – リード 女子

2023年 IFSC クライミングワールドカップ 大会別 結果 一覧 – リード女子

IFSCクライミングワールドカップの2023年結果一覧 – リード女子編です。各大会の結果を一覧でご覧いただけるようにまとめているので、お楽しみください。(各大会終了後に随時更新していきます)

また、2023年リード男子編や過去のIFSCクライミングワールドカップ年間ランキングまとめは下記リンクからご覧ください。

コンテンツ 一覧 (CLICK)

2023年6月 インスブルック大会

絶対女王Janja Garnbret選手が2023年開幕戦を制し、リード種目での24個目の金メダルを獲得しました。また、ボルダー種目との同一大会同時優勝を成し遂げています。そして銀メダルには森秋彩選手が輝きました。昨年からの出場大会3連続金メダルとはなりませんでしたが、その強さをしっかりと見せてくれました。また、3位には大会開催国であるオーストリアのJessica Pilz選手が入っています。2019年Kranj大会以来の久しぶりの表彰台となりました。

予選

準決勝

決勝

1位:Janja Garnbret
3位:Jessica Pilz
IFSC年間ランキング
33位
2012年
19位
2013年
13位
2014年
3位
2015年
9位
2016年
4位
2017年
2位
2018年
10位
2019年
41位
2021年
10位
2022年
Previous slide
Next slide
第4位:Brooke Raboutou (USA)

決勝: 25+

第5位:Chaehyun Seo (KOR)

決勝: 25

第6位:Mia Krampl (SLO)

決勝: 25

第7位:Natalia Grossman (USA)

決勝: 24+

第8位:Hélène Janicot (FRA)

決勝: 7+

2023年6月 ヴィラール大会

リード第2戦となったヴィラール大会も開幕戦に引き続きJanja Garnbret選手が金メダルを獲得しました。その強さは圧倒的で、予選から決勝まで全てのルートを完登しての完全優勝です。彼女の勢いを誰が止めるのか、もしくは、このままの勢いで2023年を駆け抜けるのか、注目です。そして2位には2大会連続での表彰台となるJessica Pilz選手が、3位には今シーズン初の表彰台獲得となるBrooke Raboutou選手が入っています。日本勢では谷井菜月選手が奮闘して決勝ラウンド進出を果たし、6位にランクインしました。

予選

準決勝

決勝

1位:Janja Garnbret